Laminaと一緒に
2002年1月9日 子犬が生まれたと連絡を受け、それから1ヵ月後、ブリーダーさんちにどの子にするか選びに行った。
サークルの中をワラワラと歩き回る子犬たち、まだワクチン前なのでさわる事が出来ない。
こんなにかわいい子犬を前にさわっちゃダメとは・・・
どの子も黒い犬だ。 「どれがいい?」と訊かれても・・・違いが分からない。
迷ったあげくやや小さめの人懐っこそうな子を選んだ。

選んでしまうとその子の成長が気になり、毎週でも見に行きたいのだがワクチンをうつまではダッコが出来ないという。
わざわざ行っても触れないのではこちらもストレスになるので、しばらくは我慢しよう。

無事ワクチンがすんで、子犬に触れるようになると他の子の飼い主さんも待ってましたとばかりに会いに来る(もちろんうちもね)
はじめて触る子犬の感触に感動しながら「かわいい」を連発する。
ここのブリーダーさんは、血統書の登録名に自分で考えた名前を付けてもらえるということで、
生まれた時からさんざん悩んだあげく「妖精伝説」の中に出てくる妖精の名前をいただいて『Lamina』と命名された。
あまり良い妖精ではなさそうだったが、Laminaという音に惹かれたのでこれに決定!!
毎週のように会いに行き、3ヶ月を過ぎた辺りからお散歩の練習を始めた。
犬舎から怖くてなかなか出られず、「犬ってお散歩大好きなんじゃないの???」って思っていたのでビックリ。
最初は10分くらいから少しづつ外の環境に慣れさせていく。

生後4ヶ月の時はじめて我が家に来た、と言ってもゴールデンウィークの1週間だけ!
犬を飼ったことも無く、共働きということもあって本当は5ヶ月までブリーダーさんちでお世話になることになっているんだけどGWだけ借りてきました。
いやぁ、たいへんでした。
しっこもうんこもトイレシーツから外しまくりだし・・・いやそれはいいんだけど、うんこ臭すぎ・・・・
そのころフードは プロプ○ンを食べていたのですが ホントにビックリするほどくさかった。
なんか「とっても疲れた」記憶しか残ってない。

2002年6月とうとう(やっと?)Laminaを迎える!
さすがにお留守番のトレーニングをしてもらっていたとはいえ、まだまだ5ヶ月のパピーですから長時間我慢できるはずも無く、うちに帰ると「くっさ〜い」
うんちまみれのLaminaを風呂場に連れて行きジャブジャブジャブ
いつも早く帰ってくるのは奥さんの方なので・・・本当にご苦労様でした。
新聞紙をちぎって入れてはいるもののやはり少しはついていたりするので・・・たいへんでした

ある時、リビングで遊んでいる時、いつもはほとんど吠えることの無いLaminaの悲痛な泣き声!
何事かと見てみると、右前足からポタポタと血が流れている。
ソファーの下に足が入ってしまい鉄のフレームでザックリと切れてしまったようだ。
午後11時過ぎ、いつもお世話になっている獣医さんに電話をしてみるが留守番電話(あたり前だね)
深夜診療している獣医さんを知っていたので、ちょっと遠いけど車を走らせる。
鎮静剤でぐっすり(ぐったり?)のLaminaは3針ほど縫うことに、全治2週間
どうなることかと心配しましたが10日ほどして抜糸も無事の終わり、その後の経過も問題なく無事完治。

さてレトリーバーといえば、「泳ぐのが上手」というイメージが強いが、じつは1歳5ヶ月になっても泳いだことが無かったLaminaでしたが、
この怪我が完治して間もなく、お友達とみんなで西湖に行きました。
初めて足の届かない深さのとこに行ったLaminaは・・・ほんの3〜4秒ですが・・・・沈みました。
水面から完全に消えてしまいました。
見ていたみんなは、「Laminaが溺れてる! 誰かが飛び込んで助けなきゃ!!」と思ったそうです(実は私は見逃しました)
が、何とか浮かび上がってきて、何事も無かったかのように泳ぎ始めました(でも初めてなのでジタバタもがいて、まるで溺れているようでしたけどね・・)
へただけど、水に対する怖さはあまり無かったようで何度かおもちゃに釣られて飛び込むうちにだんだん様になってきたようです。
これに味を占め、秋川渓谷・本栖湖など割りと近場で水のきれいなところへ時々通うようになりました。

2003年8月去勢手術をすることにしました。
いつもお世話になっている獣医さんにお願いしました。
前日の夜から絶食をして、手術も無事終わりました。
ここの獣医さんは、術後の経過を見るため2泊させられるんですが、手術の翌日 私の携帯に電話がかかってきました。
何か良くないことがおきたのか? と心配して出てみると・・・・バリケンから出るのを怖がって(きっとまた手術されるとでも思っているのでしょうか?)お散歩にも連れて行けない。
かといってウンチを我慢できるわけも無くバリケンの中でジョボジョボジョボ・・・プリプリプリ・・・・というわけで、「手に負えないので迎えに来て欲しい」との電話でした。
怖がりで、初めて行くところや慣れない場所、いやな思い出のあるところとかでは一生懸命地面に踏ん張って動こうとしない奴だったので「またかよ・・」
って感じだったけど・・・Laminaらしいっちゃー Laminaらしいなー・・・トホホ
帰ってきたLaminaは消毒薬とウンとシッコのニオイが交じり合って・・・2週間は洗うことも出来ずにそのままですごしました。

いろいろとありましたが今年の冬には、雪遊びも体験してますますアウトドアーでのイベントが楽しくなってきたようです。
去年の夏には、Rinoaという妹分もでき少しは落ち着いてきて(ホントか?)・・・でもまだ行動は子供っぽいのかなぁ?
まぁ、元気が一番なんでいいんですけど・・・これからも一緒に遊ぼうね!!!



Ads by TOK2