勝負の分かれ目                                      HOME TOP
2000年12月24日の忘年会=スーパーコンビ戦
コンビ戦って初めて。ただ、通しなどはなし。普通に打つのとどこが違うのだろうと思ったが、コンビ戦はコンビ戦なりのノウハウもあり、
面白かった。コンビを組んだのは由紀真紀さん。

<第1試合>
ちっとも由紀真紀のことを考えないフーテンの中
緒戦は千波(慎)・国士行く牌組。
由紀真紀(コンビなので敬称略=笑)は対面。親でいきなりリーヅモドラ1.幸先よし。ところが、由紀真紀が切ったドラの白を千波さんに鳴かれ、白ドラ3。こらこら。
負けるものかと東2局で中リーチ!一発、満貫!!打ち込んだのが由紀真紀(笑)。コンビ麻雀ってむずかしい。
南2局で千波さんが3万7100点でトップ。負けるものかと中リーチ。でた!!リーチタンヤオサン3色、ドラ1満貫!!振ったのが由紀真紀(涙)。でもこれぼくが悪い。由紀真紀がリーチかけてるのに追っかけから。ごめん。コンビはちぐはぐ。でも300点差でトップに。
オーラス。ここで果敢に由紀真紀が鳴いて攻めるが、由紀真紀のほしい發を単騎待ちにしてリーチをかける中。こらこら、コンビのこと、考えろー(汗)。
オーラス1本場。まだ中はトップ、由紀真紀が持ち点6000点。ここで千波さんがタンヤオで勝負を決着させようという動き。中は警戒して千波安全牌の八萬を切ったら国士さんにタンヤオピンフドラドラ振りこみ。ワンツーを許してしまった。う、うまい。
---- 試合結果 ----
1位 国士行く牌 +32
2位 千波(慎) +8
3位 フ−テンの中 -8
4位 由紀真紀 -32
----- 7卓 終了 2000/12/24 09:48 -----
◆会話はこちら
◆牌譜はこちら

<第2試合>
●メグさんの尻に敷かれるパルムさん。メグさん一人に負けた
2戦目はmegukuu、パルム新宿組
こんどは由紀真紀が上家。よしよし。
また由紀真紀、起家の親でタンヤオドラドラ。幸先はいいが…。
東1局1本場。中、パルムさんからリーチ、ピンフ、ドラドラをあがる。よしよし。ワンツーのチャンス。
ところがここからmegukuuさんがあがりまくる。タンヤオチートイツモ、(中から)タンヤオドラ1、親でリーチ一発ツモドラ4、1万8000点、白のみ。
これはまずい。東4局2本場で中、4巡目リーチ。リーチ1発タンヤオドラ1満貫!!だけど振り込んだのがまたまた由紀真紀(相性悪いのかなあ)。結局その後も強いmegukuu、弱いパルムの流れは変わらず。2、3位を取るもmegukuu断トツの1位で2回戦も敗退。とにかくメグさん強すぎ。尻の下に敷かれるパルムさん、面白かった。
---- 試合結果 ----
1位 megukuu +55
2位 フ−テンの中 0
3位 由紀真紀 -20
4位 パルム新宿mv -35
----- 1卓 終了 2000/12/24 10:27 -----
◆会話はこちら
◆牌譜はこちら

<第3試合>
●ついに中・由紀真紀のコンビ麻雀確立!大御所を破る
3戦目はヒゲのサム、ゴロはなまるの大御所コンビ。
由紀真紀は対面。また起家。サムさん、リーチ。由紀真紀のカンでロン。うーん、前途多難。しかし、この一戦は過去のにがい敗戦から学習した中・由紀真紀組が役割を分けて戦った。
由紀真紀は鳴きまくり、視線を一手に集め、中がそのスキにあがる。千波・国士組の戦法だ。フーテンの中が親で連荘して3万7000点。由紀真紀が安くあがる。そして中が満貫。あとはサムさんが果敢にリーチをかけてきても、どんどん由紀真紀が安い手であがる。
はじめてコンビ麻雀成功でワンツー。サムさん、ゴロさん、すみませんでした(笑)。
---- 試合結果 ----
1位 フ−テンの中 +35
2位 由紀真紀 +5
3位 ヒゲのサム -17
4位 ゴロはなまる -23
----- 10卓 終了 2000/12/24 10:52 -----
◆会話はこちら
◆牌譜はこちら

<第4試合>
●宇宙船爆発
4戦目は神戸のキタ、宇宙船の便所の役満王コンビ。
それにしても出てくるコンビがみなユニーク。本当に面白い。
由紀真紀がまた上家。
由紀真紀がキタさんに振り込むがすかさず中がキタさんからリーチ1発ピンフドラドラであがる。
南1局の段階で中トップ。また役割分担で…。ところが宇宙船さん、リーヅモドラ4のハネ満。この作戦は通用しなくなった。トップをとらねば。
南3局、由紀真紀満貫で2、3位。1本場、由紀真紀リーチ。由紀真紀に振ってはいけないと筋の8索を切ると宇宙船がロン。チートイドラドラ。終わった。オーラスも宇宙船さんが發中南トイトイホンイツのハネ満で駄目押し。キタさんは役満手が来ず、静かでした(笑)
---- 試合結果 ----
1位 宇宙船の便所 +52
2位 由紀真紀 -7
3位 フ−テンの中 -18
4位 神戸のキタ -27
----- 10卓 終了 2000/12/24 11:26 -----
◆会話はこちら
◆牌譜はこちら

<第5試合>
●苦しい中、真のコンビ打ちで勝利した襟裳軍団との戦い
最終戦は、襟裳軍団、襟裳Excel&とわとの対戦。
東4局。とわの親。リーチドラ1で、とわが襟裳からあがる。中とトップ争いをしていただけに襟裳、悔しがる。とわ、それならと連荘、「これなら文句ないでしょ」。(正確には会話参照=笑)。襟裳軍団に亀裂が入ると期待していたら、とわさんが爆発してしまった。結局チートイドラドラを振り込んだ由紀真紀が400点、とわが5万2600点。ノーテンでもツモでも由紀真紀が飛ぶという危機。フーテンもリーチはかけられない。
東4局3本場。今見ると残り2枚で由紀真紀テンパってない。中4萬切り、由紀真紀ポン。残り1枚で中7萬切り、由紀真紀ポン、テンパイ。ひゃー、あぶなかったんだな。
この危機は乗り越えたものの、由紀真紀は1900点、中は2万9900点。とわ5万4100点。リーチをかけて満貫をつもったら由紀真紀が飛んでしまう、苦しい。
南1局4本場。中、白三暗刻でとわを直撃。四暗刻単騎を狙いたかったがそんなことは言ってられない。
南4局まで持ち、中4万3400、とわ4万3700の300点差。由紀真紀は200点。
ここで由紀真紀の意地。中西ドラ3でとわを直撃!!二人合わせて逆転。
最後はがんばったと思う。自分たちをほめてあげたい。
---- 試合結果 ----
1位 フ−テンの中 +33
2位 とわ +9
3位 襟裳Excel -13
4位 由紀真紀 -29
----- 10卓 終了 2000/12/24 12:06 -----
◆会話はこちら
◆牌譜はこちら                                                    

Ads by TOK2