半チャン3回目は、私、フーテンの中が、井出プロと東風荘の強豪2人と対戦、彼らの強さを身にしみて感じることになった。
 東2局は流局となったが、3人を警戒したフーテンの中だけがノーテン。3000点のマイナス。
 そして東2局の1本場。西家のreneがリーチをかけていて、9筒を捨てていた。北家の井出プロは3筒をチー。この時、フーテンの中は七対子で張っていたのだが手に2枚あった6ピンの3枚目を引いてしまう。しかし、リーチをかけていたreneには通りそうということで思い切って6筒切りでリーチ。これがロン!井出プロに一気通貫を振り込んでしまった。
 東3局も流局。井出プロ、reneがテンパイ。ああ、親なのにテンパイ出来ず、親は流れて東4局に。点棒もどんどん減っていく。
 東4局は、井出氏がリーチをかけるが、親のreneがピンフドラ1でロン。だが直後に、アップル紅茶がreneから3色ドラ3でロン。南1局もアップル紅茶が3巡目にリーチ。井出プロからロン(リーチ、中)。アップル紅茶がついにトップかと思われた。しかし、アップルが親でリーチをかけた時に、中ドラ1でフーテンが初めてあがり、親を自力で引く!ポイントは次だった。
 reneの暗カンでドラになった7索をフーテンがポン。当初のドラの5索も持っていたから、あがればタンヤオ、ドラ5。親のハネマンで一気に浮上だが、これも井出プロに止められた。3万、5万、7万のうちどれかを切ればテンパイという局面ですでに1万を捨てていることから、7万を切ったところ、間7万で待っていた井出プロがロン。この時、reneはスーアンコーテンパイだったのでそれでもよかったのかもしれないが。
 結局、南4局の親の時にreneがリーチ、ツモ、ドラドラであがり、トップに。

BACK  NEXT                                          TOP  HOME

Ads by TOK2